課題4

q4.jpg1番と3番はタッチです。一見なさそうに見えるこの配置ですが1番をサイドポケットに沈めることが可能です。実践でも時々使う技ですのでよく考えてショットしてみてください。


a4.jpgこれは課題球2と基本的に同じです。1番の真中よりも気持ち左側にドローを効かせてショットします。すると1番にフォロー回転がかかりポケットする寸法です。これも弾くのは厳禁です。よ~くドローを効かせてショットしてください。

スポンサーリンク




フォローする


スポンサーリンク