ストローク

 キューを持つ腕の往復運動をストロークと呼びます。手玉に与える情報の一切をこのストロークの中で
 行う事を考えてもその重要性を判って頂けると思います。
 ストロークで重要な事はキューをテーブルに平行に移動させるという事です。このためには肘と肩を
 しっかりと固定し、腕を振り子のように振る必要があります。しかし、ただ腕を振っても振り子の運動は
 円運動ですので、キューを平行に移動させる事はできません。腕の振りに合わせて手首の柔らかい動きで
 円運動を直線運動に変えてキューを平行に出すようにします。

 下記の写真は私のフォームの連続写真ですが、判りやすくするために幾つか線が引いてあります。
 まず、1〜5の写真で肘の位置がほぼ一定である事が判ると思います。同時に顔の位置も一定しています。
 ストローク時に身体を上下に動かしてしまうと、正確な撞点が使えませんし、視点が変化してミスの元に
 なります。
 赤い線は手首から先のキューの方向を指していますが、これもほぼ平行である事が判っていただけると
 思います。前述した通り手首を柔らかく使う事でこの動きが実現できます。決してキューを握りしめない
 ようにしましょう。
 緑の線は肘から手首までの動きを表していますが、3の写真でキューの角度とほぼ直角になっている
 ことが判ると思います。この点で手玉を捉えるのが理想といえます。