撞点
 キューで実際に手玉を撞く点の事を撞点といいます。この撞点をいかに正確に捉えるかが上達の鍵と言っても
 過言ではないでしょう。一般に撞点は9つのポイントで構成されると言われていますが、その中間部も存在
 しますから、無限という事もできます。上級者は普通中間部を4つに分けて全部で28以上の撞点を
 使い分けると言われています。プロになると90以上の撞点を使い分ける事が可能だそうです。
 ここでは左右の撞点、いわゆる「ひねり」は解説しません。なぜなら「ひねり」は先球の進行に対して影響を
 ほとんど及ぼさない為です。「ひねり」は中級者以上の使う手玉をコントロールするポジションプレーに
 必要なもので、最初からこれを覚えてしまうと上達の妨げになる場合が多いためです。
 よく「右を撞くと先球が右に向かう」という会話を耳にしますが、確かにその通りです。しかし、これは
 狙った場所が左にずれる事で先球が右の進路に向かうのです。このことを「見越し」と呼びます。上級者が
 簡単に見える球を外す光景では、多くの場合「見越し」を計り違える事に原因があります。そのくらい
 左右の撞点を使うのは難しい事だと覚えておいてください。
 では、上下の点はどうでしょう?これは先球に当たった後の手玉の動きに大きな影響を与えます。
 「上を撞くと前に進み」「真ん中だと止まる」「下を撞くと戻って来る」と言うのはよく言われる事ですが
 果たして本当でしょうか?正解は違います。手玉は先球に当たった瞬間にすべて先球の移動方向と直角に
 進もうとします。その当たった瞬間に手玉がどのような回転をしているかによって、その後の手玉の動きが
 決定されるのです。正確には「順回転では先球の進行方向に直角に進んだ後に前に進む」「回転のしていない
 状態では先球の進行方向に直角に進む」「逆回転では先球の進行方向に直角に進んだ後に手前に進む」と
 なるわけです。「手玉が止まるのはなぜ?」という疑問があるかもしれません。それは、先球の進行方向が
 手玉の進行方向と一致した時に(すなわち先球に正面から当たった時)手玉は直角に動こうとしますが、
 左右共に直角なために力が相殺されて止まるのです。これは物理のベクトルの考え方が摘要されます。
 左の図は撞点を表しています。赤い点は中級者向けの9つの撞点を意味し、
 赤を含む青の点は、上級者向けの撞点を表しています。初級者の場合は
 赤の点の中央にある上中下の3点をしっかりと身につける事が重要です。
 ちなみにボールを正面から見た場合の撞点の限界は一般に8/10と言われて
 います。(外側の青い点)初級者は6/10の撞点をマスターする事が上達の
 近道だと思います。