8ボールのルール

 エイトボールも最近、人気のゲームですが、マイナールールがたくさんあるので
 ゲームを始める前に、お互いのルールを確認しておく方がよいでしょう。
 以下に説明するルールはJPBAが採用しているルールの概略です。

 1〜7番をローボールと呼び、9〜15番をハイボールと呼びます。
 ボールの並べ方はラックの底辺にハイボールとローボールをそれぞれ配置し
 8ボールはラックの中央に配置します。それ以外は自由に並べます。
 ゲームはセットマッチで行い最初に規定のセットを取得したプレーヤーが
 勝者となります。
 ブレイク時にポケットしたボールが自分のグループボールとなります。もし
 ブレイク時にポケットされなかった場合にはオープンテーブルとして最初の1つがポケットされるまで、
 グループボールのない状態(8ボール以外はすべて狙える)になります。
 ブレイク以外の全てのショットはコールショットで行い、ポケットするボールとポケットを宣言しなく
 てはいけません。コール以外のボールがポケットした場合や、コールしたポケットに入らなかった場合
 プレーヤーは交代します。その際、落ちたボールはグループボールに関係なくそのままにします。
 グループボールを全てポケットした後に8ボールを合法的にポケットしたプレーヤーがそのセットを
 得られます。8ボールをポケットする権限が生じていない段階で8ボールをポケットした場合にはその
 プレーヤーはセットを失います。(ブレイク時以外)また、8ボールをポケットする権限が生じている
 プレーヤーが8ボールを落とす際にファールを犯した場合もセットを失います。
 最初のブレイクはバンキングで決めますが、それ以降は勝敗に関係なく交互にブレイクを行います。
 ブレイク時に8ボールがポケットした場合には、再度ブレイクをやり直すか、8ボールをフットに戻し
 ヘッドライン内でのフリーボールを選択してゲームを続けます。

 ==ファール==
 共通ファールが全て摘要されます。
 特有のファールとして、自分のグループのボールに最初に当たらない場合ファールとなります。
 ファール後の処置は次のプレーヤーが手玉を好きな位置に移動してプレーを続けます。(フリーボール)